トップページ > MESSAGE

感動

 

その日は東京である商談が終わり。
夜、メールをチェックしていると、その商談の一人の上司の方から。

「御社のような信念と気持ちのこもった高品質の商品が日本を変えられると信じております。」

 ボクはメールを見た瞬間、感動で鳥肌が立ち、当初の色々な嬉しい事、苦労した事
自分の心の中で鮮明に思い出され、とてもこの言葉が心の奥に響き涙がこぼれそうになりました。

ハリーステッカーのスタートは3つのデザインだけ・・・
スタートしてからハリーステッカーも、もう来年で9年目になる。

 もう少しでクリスマスという事もあり日々、沢山のご注文を皆様からいただいております。
皆様のご家庭で楽しいクリスマスの時間とともににハリーステッカーはそんな素敵な場所でご一緒させていただけることを嬉しく思います。

皆様に本当に感謝です!

そして、ありがとう。


2015年12月16日


katsuyuki isomura

敬老の日に感謝の気持ちを

ウォールステッカー 敬老の日
少し先だけど今年も当然、敬老の日ありますよね。
昨年、オヤジが癌でこの世を去りました。
 

その時に感じてデザインしたのが、うちのメッセージウォールステッカーに繋がったこと。
 
自分も普段忙しすぎて中々、オヤジなんかと時間をつくることがなく
顔を会わすことも年に1~2回会わせばいい方で….
 
本当にそれが当たり前に普通だった。
 

けど、昨年癌だと知り今まで何もしてない自分に、最後ぐらいはと
出来るだけの時間をとり、出来るだけの事はしたつもり。
 
月日が経つにつれ痛みをとるために手術、薬などでお医者様も出来るだけの
事をしていただき
 
その時に凄く感じたことは、病室で苦しんでいる中
家族がいない時の時間もやはりあるのですよね当然。
 

自分だったらその時一人でどんな気持ちになるんだろうと
本当に思いました。
 
家族が目の前に居なくても、殺風景な病室の壁に家族がみんなで
貼ったステッカーを、いつも目に入る光景があれば少しは気持ちも和らぐ。
自分はステッカーを作っている立場なので
 
マジで思いました
 
だから、ウォールステッカーを買ってくださいと宣伝でなく
生きている間に感謝の気持ちを、何かの形で贈るのであれば
 
毎年、この敬老の日だけでも真剣に感謝の気持ちを伝える事
大事だと本当に思うよ
 
生きているときだから出来ることもありこの世に居なければ何もできないんだからね
当たり前だけど^^

http://harry.is-isomura.com/harry/message/2014/04/03/474/


2014年8月24日


katsuyuki isomura

今年の夏は雨が多い…..

今年の夏は本当に雨が多いですね。

少しウンザリ….

 

部屋の中で大人しく過ごしていると色々考える事も多く

自分がやりたいと思う事も山ほどあり

 
特に自分は仕事を中心に置き過ぎるところがいいとこでも

悪いとこでもあるかもしれません

 
自分の人生の中でこのやりたい多くの事を

少し前に進めるだけでも

 
これが、また、、、

中々、、、大変だ…

 
普段のやることが山積みの中で

進めていきたいことがプラスされるわけで

当然だし当たり前….

 
晴れた時の写真の片隅にポツリと

最近、これチャリにはまってます

人と行動を同じにしなくても自分一人で

気が向けば動ける

気晴らしには最高!

 
仕事の息抜きに

少し気に入っております…..


2014年8月16日


katsuyuki isomura

1 / 1312345...10...last »
デザイン性のあるインテリアにこだわるならこのウォールステッカー
harry_stickerとは
写真の投稿はこちら
iphoneで確認できるアプリ
harry_stickerとは